[江華ナドゥルキル第6コース]華南生家への道([강화 나들길 제6코스] 화남생가 가는 길)

[江華ナドゥルキル第6コース]華南生家への道([강화 나들길 제6코스] 화남생가 가는 길)

clubrichtour 0 59
addr1
仁川広域市 江華郡 江華邑 清川東キル 24
addr2
contentid
1938960
tel
title
[江華ナドゥルキル第6コース]華南生家への道([강화 나들길 제6코스] 화남생가 가는 길)
booktour
homepage
ナドゥルキル http://www.nadeulgil.org(韓国語)
ナドゥルキルDaumcafe http://cafe.daum.net/vita
telname
overview
江華ナドゥルキルとは海岸沿いに1.3キロメートルごとにある墩台と江華山城を結ぶ道、そして高麗王陵を張り巡らすように造られた道のことで、山や野原、海、文化財を楽しみながら歩くことができます。

江華島は島の全体が博物館といえるほど多くの遺跡があります。支石墓や、青銅器、モンゴルの侵略に対抗するために江華島に首都を移したときの高麗の痕跡である高麗宮址や高麗王陵が残っています。また、江華山城と海岸に設置された朝鮮時代の遺跡もたくさん残っています。そして、西海岸の美しい夕日や干潟、摩尼山、高麗山、のどかな農村の風景などを各コースで楽しめるようになっています。

江華ナドゥルキルの背景には、江華島の地域の由来と風景、人物などを歌にした江華島のソンビ(学者)である高在亨(1846-1916)が記した『沁都紀行(シムドキヘン)』という詩集があります。沁都紀行は1906年、桃の花が咲き乱れる春の日に高在亨が故郷のドゥドゥミ村(現 仏恩面 斗雲里)を出発し、江華島全域の約100の村を旅行しながら書き記した紀行詩が綴られた詩集です。高在亨は大韓帝国の暗鬱の時代に急速に消えていく風俗を嘆き、自分が生まれ育った故郷を歩きました。約100年過ぎた今、その道を江華郡が生態文化探訪路として新しく誕生させたのが「江華ナドゥルキル」です。江華ナドゥルキルは高在亨が故郷を思い詠った詩の道であり、歴史と文化の跡が残っている道です。



• 江華ナドゥルキル第6コース
「江華生家への道」は、江華バスターミナルから広城堡を結ぶ区間です。全18.8キロメートルで、ターミナルを出るとすぐに広々とした田んぼ道に出ます。風で揺れる稲穂の道を抜けてトガム山に登っていくと、ツツジや生姜の花がたくさん咲いています。木の合間から見える青々とした田んぼは、自然が生み出した芸術作品のように美しい景色です。高在亨の故郷であるドゥドゥミ村は静かでのんびりとした農村です。
_detailIntro
infocenterleports
+82-32-934-1906
_detailInfo
데이터 준비중
_detailImage
originimgurl
originimgurl
originimgurl
originimgurl
WIKIPEDIA
YOUTUBE
출발
도착 [江華ナドゥルキル第6コース]華南生家への道([강화 나들길 제6코스] 화남생가 가는 길)
길찾기모드
내위치에서
0 Comments